NPO法人 ESD協会
Japan ESD Association
| HOME | CONTACT |

ESD対策総合講座 講演者アーノルド・スタイマン氏 御紹介

ESD対策総合講座

講演者アーノルド・スタイマン氏 御紹介

 

    Arnold Steinman is a consultant in electrostatics, static charge control, and ionization,   Arnie_ESD_Photo.jpgutilizing the knowledge and experience gained in 25+ years as Chief Technology Officer for Ion Systems, Alameda, CA.  He holds four patents covering air ionizer technology.  Steinman graduated from the Polytechnic Institute of Brooklyn, receiving both BSEE and MSEE degrees.

Steinman served as a member of the Board of Directors of the ESD Association and a past chairperson of the Ionization Standards Committee. Steinman was also a senior member of the Institute of Environmental Sciences and Technology (IEST), a contributor to IEST standard RP-CC-022, “Electrostatic Charge in Cleanrooms and Controlled Environments", and a member of the Electrostatics Society of America. For 15 years he has served as leader of the SEMI ESD Task Force, which has produced  E78-0309 - “Guide to Assess and Control Electrostatic Discharge (ESD) and Electrostatic Attraction (ESA) for Equipment”, E43-1108 – “Guide for Measuring Static Charge on Objects and Surfaces”, and E129-0709 – “Guide to Controlling Electrostatic Charge in a Semiconductor Manufacturing Facility”. He was the SEMI representative on static control to the International Roadmap for Semiconductors.

Steinman has contributed technical articles to industry publications such as Micro, Semiconductor International, Data Storage, Evaluation Engineering, Compliance Engineering and Cleanrooms magazines. He served on the editorial board of Micro and Compliance Engineering magazines. He has made technical presentations at the ESD Association Symposium, the IEST annual technical meeting, the International Committee of Contamination Control Sciences (ICCCS) meetings, Electrostatics Society of America (ESA), SEMI technology forums, and for many other national and international industry groups.

 

 

アーノルド・スタイマン氏は、カリフォルニア州バークレーにあるイオンシステムズ社のチーフ・

テクノロジー・オフィサーとしての25年以上の経験を生かして活躍中の、ESD対策、静電気、

帯電防止制御やイオン化に精通した世界でもトップクラスのESDコンサルタントです。ニュー

ヨークにあるブルックリン工科大学を卒業し、BSEEとMSEEの両学位を取得しました。また、

米国ESD協会の理事会のメンバー(Director)、さらにイオナイゼーション・スタンダード委員

会の議長を長年務めた実績もあります。

米国静電気学会の会員であり、環境科学技術研究所(IEST)のシニアメンバーでもあります。

過去にIEST標準であるRP-CC-022の『クリーンルーム及び制御された環境での静電気帯電』

を寄稿しています。

また、SEMIにおいては15年にわたりE78-0309『機器のための静電放電(ESD)及び静電吸着

(ESA)の評価と制御のガイド』、E43-1108『物体と表面の静電荷測定のガイド』、E129-0709

『半導体製造設備での静電気帯電を制御するガイド』を提案したSEMI ESDタスクフォースの

リーダー、半導体業界のSEMIの代表も務めました。

Micro, Semiconductor International, Data Storage, Evaluation Engineering,Compliance Engineeringやクリーンルームについての書籍/雑誌にも様々な技術的記事を寄稿しており、

MicroとCompliance Engineering の2雑誌では編集委員を務めた業績があります。

現在もESD協会シンポジウム、IEST年次技術会議、ICCCS会議、米国静電気学会(ESA)、

SEMI技術フォーラムやその他様々な米国及び米国外での国際委員会で技術的プレゼンテー

ションを行っています。

 

**************************************************************************************************