NPO法人 ESD協会
Japan ESD Association
| HOME | CONTACT |

過去のセミナー・イベント

静電気対策セミナー 2018.11.27

NPO法人ESD協会 静電気対策セミナー開催ご案


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

静電気対策基礎セミナー

異物・コンタミネーション対策基礎

(不良を低減するクリーン化技術の効果的な実施方法と成功事例)

ESD対策基礎

 (静電気測定・イオナイザー評価・表面抵抗測定技術の解説)

日時:平成301127日(火)

異物・コンタミネーション対策基礎:10:0012:30

静電気の基礎:13:3016:00

会場:大田区産業プラザ(東京 蒲田)3階特別会議室

主催:一般財団 日本電子部品信頼性センター/NPO法人ESD協会 (共催)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。

来る11月27日火曜日、大田区産業プラザにてNPO法人ESD協会の主催で、静電気対策セミナーを開催いたします。


☆お申し込み

お申し込みはこちら


静電気対策セミナー詳細


講演題目:異物・コンタミネーション対策基礎

時  間:10:0012:30

講  師:岩佐 茂夫


1.ゴミ・異物不良の範疇

・雰囲気中のゴミ・異物 ・生産機械からのゴミ・異物 ・材料からのゴミ・異物 

・人体からのゴミ・異物

2.クリーン化技術

・ゴミ・異物の大きさ ・クリーンルームの4原則 ・クリーンルームの原理 

・ゴミ・異物の性質を知る ・クリーンクラスと粒径 ・人体は大きな発塵減 

・ゾーニング ・クリーンの4原則と5S ・風の制御

3.ゴミの見える化

・光度 ・コントラスト ・ゴミの堆積跡 ・ゴミの収集


4.ゴミの排除方法

・清掃の重要性 ・陽圧と負圧の活用 ・ワイパーの使い方 ・洗浄槽の管理 

・設備メンテナンスの重要性 ・清掃作業の簡略化


5.ゴミ削減の実例集


6.まとめ


講師のプロフィール

岩佐 茂夫


日本大学大学院生産工学研究科電気工学専攻修了。赤井電機蠅貌社、将来の幹部候補生としてプレス、機械加工、ヘッド製造、オーディオ組立、ビデオ組立を実務研修。VHS内製化プロジェクトを経て、生産管理システムの構築、フランス現地法人に生産技術駐在員として赴任。オーディオ不況を機にスタンレー電気蠅貌社、技術研究所研究員としてクリーン技術・静電気技術を習得、LCD生産設備の開発を経験、経営改革室にて全社の戦略立案を担当、経営企画室にて各事業の収益向上を目指し、工場内の不良削減に着手、最終的には国内10事業所、海外12事業所の不良削減を指導。近年は環境負荷低減を行う為に省エネ技術の推進を実施。主任ESDコーディネーター。2018年春より自立してコンサルタントを開業。クリーン技術・静電気技術を中心として生産現場の不良改善を行う独自の手法を展開。生産管理、生産技術、企業戦略、省エネ改善も得意としている。



講演題目:ESD対策基礎

     (静電気測定・イオナイザー評価・表面抵抗測定技術の解説)

時  間:13:3016:00

講  師:山口 晋一


1. 静電気の基礎 ・見逃している、静電気の基本的な挙動 

(電荷・静電容量・電位) 

・摩擦帯電・剥離帯電・誘導帯電 

・管理項目と測定の数値化

1)静電気測定値(電計計・表面電位計) 2)対象物の大きさと測定精度・測定誤差 3)イオナイザーの検査・評価の実演(チャージド・プレートモニター) 4)静電気放電の検出(連続して起こる放電の可能性) 5)異物対策に効果的なイオナイザー・帯電電位管理 6)抵抗測定(作業表面・床・拡散性対策材料)

2. 静電気による問題 

・人体帯電モデル(HBM)からチャージデバイスモデル(CDMCBE)へ

・今後懸念されるESD事象

1)SDM(テストソケットの帯電によるESD問題) 2)帯電したPCB基板からの静電気放電(CBE) 3)イオナイザーが形成する電界による誘導帯電 4)潜在不良について


3. 静電気対策 

・各種イオナイザーに関する解説

・静電気拡散性材料に関する解説 (温湿と表面抵抗値・測定電圧面抵抗値・表面抵抗体積抵抗の均一性) 


4. 製造工程における静電気問題とその対策

・半導体製造工程

PCB組立工程 


講師のプロフィール

山口 晋一


シシド静電気(株)

営業本部 営業企画室 室長

E-mail: s_yamaguchi@shishido-esd.co.jp

TEL 81-3-3727-0161, FAX 81-3-3727-0342

1450065 東京都大田区東雪谷3-1-1


クレハエクストロン(株)

顧問

TEL 81-3-3764-2511, FAX 81-3-3762-6192

1430004 東京都大田区昭和島2-4-4


静電気関連業界で35年以上の経験が有り、静電気における各種測定の技術指導・静電気問題の対策・対策機器や測定器の開発提案を行ってきた。

国内の静電気対策(ESDマーケット)では30年以上携わっており、主要な半導体・液晶関連企業でのセミナーや工場診断を行ってきた。アジアマーケットへは、1998年から活動を開始し、液晶・HDD・半導体関連企業でのセミナー・工場診断を国内同様に行ってきた。

15年前より、ESD問題の主要な課題がHBM(人体帯電モデル)からCDM(デバイス帯電モデル)に移行して行く事が見込まれたので、CDM対策の重要性を指摘してきた。現在は、CDM対策だけではなく、金属間放電(Metal to Metal Contact)、CBE(帯電した基板からの放電)の可能性に付いても解説をしている。

また、対策製品としてのイオナイザーに今後要求される能力として、除電時間・イオンバランスだけではなく、放電電極からの誘導帯電の低減、発生するイオンの均一性、送風ファンからの発塵を低減する必要性と対策材料としても今後必要とされる性能は、表面・体積電気抵抗の均一性、電気抵抗値が下がる劣化の抑制、印可電圧による電気抵抗値の変動の抑制等を提案している。


資格及び活動内容:

•RCJ ESD対策工場認証業務 (審査委員/コンサルタント業務)

•RCJ ESDCコーディネーター資格認証セミナー講師(更新担当)

主任ESDCコーディネーター(ESDC-11-0015

•IEC-TC-101(静電気)国内委員会委員

•NPO法人ESD協会 副理事長

•IDEMA JAPAN コンタミネーション&ESDコントロール部会 副部会長


静電気の基礎編は、人体帯電対策からデバイス帯電対策の基本について簡単な実験を交えて分かりやすく解説を致します。

また今回は、午前中に岩佐茂雄様をお招きして、クリーンルーム内における塵埃対策の基本から実際の運用に関します内容の講演をお願いしております。


RCJ賛助会員企業様・ESD協会会員企業様:10,000

ESDCコーディネータ様:20,000

一般:30,000


☆お申し込み

お申し込みはこちら



第27回 信頼性・ESD対策技術展示会のご案内

信頼性・ESD対策技術展示会は、静電気の影響を受けやすい電子デバイス・部品、電子機器などを扱う信頼性技術者、設計技術者、品質技術者の方々を対象に、より進歩した静電気障害対策技術、静電気測定技術、故障解析技術を扱う専門の展示会です。


日時:平成291128日(火)〜1129日(水)

 (1127日(月)は準備日)

場所:大田区産業プラザ(東京、蒲田)2階小展示場


トピックス

ESDワークショップ開催

ESDワークショッププログラムはこちら


出店社カタログ配布

先着100名様に出店社カタログ電子版(USBメモリー)を配布致します。


コーヒーサービス

美味しいコーヒーの無料サービス


抽選会

アンケートにご回答頂くと抽選会に参加頂けます。

昨年の主な景品

ハイレゾウォークマン

アマゾンギフトBOX

ポータブルスピーカ等


出店社紹介

株式会社いけうち 

株式会社ウエストワン 

OKIエンジニアリング 

春日電機株式会社 

クレハエクストロン株式会社 

シシド静電気株式会社 

第一合成株式会社 

中国深圳百泉河実業有限公司

テク・トライアングル 

DESCO JAPAN株式会社 

東京電子交易株式会社 

トレック・ジャパン株式会社 

阪和電子工業株式会社 

ミドリ安全株式会社 

村上商事株式会社 

詳細ページはこちら


(お問い合わせ連絡先) 

東京都港区虎ノ門5−13−1 虎ノ門40MTビル7階

特定非営利活動法人 ESD協会

TEL 03-4530-9886 FAX 050-3488-2690

E-mail info@jesda.org

事務局長 西畑明信





静電気対策基礎セミナー 2016.11.30

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

静電気対策基礎セミナー

・ 静電気対策基礎

・ クリーンルーム内における塵埃対策の基礎・応用と実践

日時:平成28年11月30日(水)

基 礎 編:10:00〜12:00

塵埃対策編:13:30〜16:00

会場:大田区産業プラザ(東京 蒲田)3階特別会議室

主催:一般財団 日本電子部品信頼性センター/NPO法人ESD協会 (共催)

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。

来る11月30日水曜日、大田区産業プラザにてNPO法人ESD協会の主催で、静電気対策セミナーを開催いたします。

静電気対策セミナー詳細

#静電気対策基礎講演内容

1.静電気の基礎

・静電気とは?

・ 静電気対策に関わる用語

・ 静電気現象と障害

・ 謝った静電気の認識

・ 電荷・静電容量・電位

・ 静電気帯電のプロセス(摩擦・剥離・誘導・帯電列)

・ 静電気放電(ESD)のプロセス

・ 帯電電位と塵埃付着の関係(エッジ効果)

・ 静電気問題及び対策レベルの数値化・可視化

抵抗測定器(靴・リストストラップ・床・拡散性対策材料)

静電気測定器(人体帯電測定・非接触型・接触型)

イオナイザーの検査・評価(チャージド・プレートモニター)

静電気放電の検出

2.静電気による問題

・ 人体帯電モデル・マシンモデル・チャージデバイスモデル

・ 帯電したPCB基板からの静電気放電

・ 静電気帯電体による誘導帯電

・ 潜在不良について

3.静電気対策

・ イオナイザー

.ぅンの生成方式:放射線型・DC型・パルスDC型・AC型・パルスAC型・高周波型・次世代AC型

形式:バー型・デスクトップ型・オーバヘッド型・ノズル型・ガン型

イオンバランス制御方式:センサーフードバック方式・自己制御方式

だ能評価:イオンバランス・イオンバランスの均一性・減衰特性・誘導帯電の有無・EMI

4.各種製造工程における静電気問題とその対策

5.静電気対策に関する規格の紹介

・ IEC・ANSI 20/20・RCJS

・ ESDコーディネータ制度

6.質疑応答


#クリーンルーム内における塵埃対策の基礎講演内容

1.クリーンルーム内における塵埃対策の基礎

サブ:異物対策の基礎と、ものづくり環境構築

1. 異物対策の基礎知識:クリーン基礎知識とは

2. クリーン化技術関連マップ

3. クリーン化技術構成要素

4. クリーンルーム事例;構造概略

5. クリーンルームで行われる作業形態

6. クリーン環境は、ものづくりに必要不可欠な設備!

7. クリーンルーム環境で作られる製品群

8. クリーン環境ニーズ

9. クリーンルームの分類

10. クリーンルームの始まりと歴史

11. クリーンルームの形態と変遷

12. なぜ、クリーン化技術が必要か?

13. 各製品における異物不良Mode:半導体、液晶表示体、水晶振動子、プリンター等、

14. クリーンルームの定義/構造事例(給排気システム)

15. クリーンルーム環境の留意点

16. クリーンルームの方式と特徴

17. クリーンルーム環境における粒子の拡散

18. エアーフィルターとFFUとは

19. エアーフィルターの捕集効率・・その原理

20. クリーンルームの四原則

21. クリーン度の表し方

22. クリーンルームの目的

23. クリーンルームの入室管理、日常管理

24. クリーンルーム環境の留意点総括

25. 質疑応答


2.クリーンルーム内における塵埃対策 応用と実践

サブ:歩留りに効く!!クリーン化技術ノウハウ事例

1.局所クリーン環境の最適化による不良率低減

・局所クリーン環境の構築:基本仕様:事例研究

・気流の可視化評価

・局所クリーン環境構築の考え方:各社オリジナル、カスタム仕様:生産技術力

・気流制御:差圧の概念

・浮遊粒子に及ぼす影響度

・不具合事例:給排気バランス悪い場合

・FFUの取付け事例:気流遮断はダメ!

・FFUの面風速分布

2.工程改善事例:蒸膜密着不良防止

時系列的なデータ取得から発塵源特定⇒歩留り向上策

・真空ポンプ排気ラインからの発塵事例

・連続モニタリングの事例&効能

・クリーン化の四原則+1

3.イオナイザー取付け高さの適正化による静電気不良減少

4.イオナイザー放電針は、メンテナンスしないと性能劣化につながる!

・放電針クリーニングの効果:クリーニング前後比較

5.静電気帯電量計測不良による現場誤診発生

・帯電量測定器には、距離依存性がある。

6.人体帯電除去方法不良によるデバイス破壊の防止

7.塵埃の帯電における製品等に対する付着 吸着の影響

8.クリーンルーム内不具合事例と対策

9.実効性ある対策の構築

10.静電気障害対策の基本スタンス:原理原則

11.質疑応答


静電気の基礎編は、人体帯電対策からデバイス帯電対策の基本について簡単な実験を交えて分かりやすく解説を致します。

また今回は、午後より(株)NCC 矢島様をお招きして、クリーンルーム内におけるごみ対策の基本から実際の運用に関します内容の講

演をお願いしております。

参加費(消費税及び昼食代を含む);

・ RCJ賛助会員企業様・ESD協会会員企業様:10,000円

・ ESDCコーディネータ様:20,000円

・ 一般:30,000円


☆お申し込み

お申し込みはこちら

万一3日過ぎても弊社からのお申し込み受付のメールが届かない場合は、

メールが届いていない可能性も考えられますので、

大変お手数ですがご連絡頂けますようお願い致します。

この件に関するお問い合わせは

info@st24.jp

までお願い致します。

2015年信頼性・ESD対策技術展示会・技術基礎セミナーが開催されました

 2015年11月4日〜6日、信頼性・ESD対策技術展示会・技術基礎セミナーが

 大田区産業プラザにて開催され、盛況のうちに終了致しました。

ありがとうございました。

 

 展示風景

P1040311.JPGのサムネール画像のサムネール画像 P1040312.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040314.JPGのサムネール画像セミナー風景

 

P1040313.JPGのサムネール画像 P1040315.JPGのサムネール画像 P1040316.JPGのサムネール画像

***********************************************************************************************************

次世代電子デバイスの静電気対策技術シンポジウム2011

次世代電子デバイスの静電気対策技術シンポジウム2011

日 時:2011 年8 月26 日(金)9:00-17:30
場 所:中部電力東桜会館 (名古屋市)

 

終了いたしました。ありがとうございました。

 

電子デバイスの小型化・高速化が進む一方、静電気耐力の低下が懸念されています。

半導体、HDD 用磁気ヘッド、MEMS と言った電子部品、それらの製造及び基板実装、

電気自動車、医療・介護等の高信頼性機器、スマートグリッドに伴う雷放電等からの保護等、

幅広い分野からの要求がなされています。特に破壊や誤動作に伴う生命や情報の安心・安全と

言った観点からもその対策は急務です。

この取り組みとして、国内ではIDEMA JAPAN ESD コントロール部会、NPO 法人ESD 協会、

日本電子部品センター、電気学会、静電気学会、電子情報通信学会、

世界では、ESD Association、IEEE 等、静電気放電現象及び静電気放電に伴う電磁波等の

研究が進められています。

本シンポジウムは、次世代の電子デバイスの静電気対策技術に関し、研究機関での静電気対策

基礎及び、静電気対策機器メーカでの静電気対策、HDD 等電子機器メーカでの静電気対策に

ついて報告及び議論を行うものです。

共 催
IDEMA JAPAN(日本HDD 協会) ESD コントロール部会
NPO 法人ESD 協会

開催助成
公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団

後 援
財団法人三重県産業支援センター、

公益財団法人三重県文化振興事業団三重県生涯学習センター
鈴鹿市産業支援課、鈴鹿市商工会議所、SUZUKA 産学官交流会

協 賛
中部パワーアカデミー、中部エレクトロニクス振興会、社団法人電気学会東海支部
静電気学会、鈴鹿工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校
鈴鹿工業高等専門学校共同研究推進センター

協 力
財団法人日本電子部品信頼性センター

 

シンポジウムプログラム、参加お申し込みについてはこちらをご覧下さい。

 

************************************************************************************************************